HOME > WORKS-012

Works 作品紹介

月キレイ/白球ストーリー
/ 神山幸也



曲目
1 月キレイ
2 白球ストーリー

label
DAIFUKU RECORD(DFKR-3)

media
CDR(紙ジャケット仕様)

price
¥1000(税込)
05.9.25 release

website
神山幸也
http://kouyalion.exblog.jp/

『月キレイ』 作詞・作曲 かみやまこうや

 七夕に降りてきた曲。織り姫と彦星が夜に出会う、夢のような幻想的な一夜をイメージ。生の音を使い、湖面の上に浮かぶキラキラした月や、カエルや、鈴虫が登場。「喜びが悲しみに変わらないように・・・」というただ一言がこの楽曲を物語っているような気がします。

  • 月キレイ 月キレイ
  • 湖面の上を指差す君に
  • 僕そっと 願いかけた
  • 喜びが悲しみに変わらないように
  • (歌詞より。)


 『白球ストーリー』 作詞・作曲 かみやまこうや

 僕が通っていた高校の野球部に捧げる応援歌。甲子園の風、熱、声援、高まる気持ち、うねり・・・沢山の夢を与えてもらった恩返しの気持ち。その素晴らしい時間の中で、高まる心臓の音や声援が今にも聞こえてきそうな歌。

 本当に僕が高校生の時、野球部は高校のヒーローでした。窓から、グラウンドが見えて、風が吹いて、野球部員の声が校舎まで届く。僕はその時に、軽音楽部に所属していたので、爆音と共に声援の気持ちを込めて演奏したものです。届いていたかどうか。
今こそ、彼らの胸に響け。

  • 整列した僕らは凄い
  • 夢にまで見たこの球場 
  • 歓声が渦巻いてる
  • (歌詞より。)